成長は人それぞれ

1月 5, 2018

by — Posted in 生活

親戚の女の子のお話です。高校3年生の彼女は、現在身長が168cmあります。

小学生の頃、バレーボールしていたのですが、身長が6年生の時点で前から3番目、145cmの小柄な体型でした。

当然、アタッカーはさせてもらえず、体育祭で見た時も小さいので列の前の方にいました。

中学生になり、運動をやめて毎日を平凡に過ごしていた様子ですが、ある日気がついたのは足の大きさ。靴のサイズは身長に似合わず25.5cmで、とてもびっくりしたのを覚えています。

足が大きい人は身長が高いと聞いたことがあるので、もしかしたらと思っていました。

中学校3年間で20cm近く伸び、あっという間にクラスの女の子の中で一番大きくなりました。母親や私の身長もあっと言う間に抜かされてしまいました。

本人は、小さい方が可愛いげがありよかったと言っていますが、こればかりはしょうがないですね。高校生になりある程度成長が緩やかになったのか、あまり変わりはありませんが、彼女にとっては中学校3年間がピークだったのでしょう。

大きな手足に似合う体格になっています。今は、身長の低い男性を好きになったけど、相手に嫌われないかが悩みだという、可愛らしい青春を送っています。

子供の身長をのばすホルモンは、夜寝ている間に分泌されます。ドクターセノビルの主成分であるアルギニンは身長アップホルモンの分泌をうながすとされています。

そんな訳でイチ押しなのが寝る前にセノビルを飲む事です。そうする事で寝ている間に分泌される成長ホルモンをより力強くしてくれそうです。まさしく「寝る子は育つ」という格言どおり、身長を伸ばすゴールデンタイムである寝ている間を最大限に応用しましょう。

ドクターセノビルの飲み方