やがて市販車に登場

4月 26, 2018

by — Posted in その他

車のダンパーはどのようにして作られるようになったのでしょうか。車のスピードが遅い時代にはダンパーという考えはありませんでした。

ところが、車のスピードがだんだんと上がっていくに連れて、いつまでもバネの振動が残っていたのでは車の姿勢に間に合わなくなってしまいます。そこで登場したのがダンパーということができます。このダンパーは当初、レーシングカーで使われるようになりました。そして、やがて市販車に登場するようになりました。ダンパーはオイルの入ったシリンダーの中をピストンが上下するということで、減衰と呼ばれる作用を発生します。ベストにはごく小さな穴が開いていて、ピストンの動きに従ってその小さな穴をオイルが通過するとき、その流れにくさが持つエネルギーを減少させて行きます。またピストンの動くスピードによってオイルのオリフィスの通り抜けやすさが違ってきますから、ダンパーを早く豪華そうとすると強い抵抗力を感じます。ゆっくり動かすならば抵抗感は少なくて、ピストンがストロークします。
車買取 和歌山